« 天鳳 | トップページ | 天鳳 »

2008年4月13日 (日)

入学式で入学金未納生徒二人

Yahooニュース引用

千葉県八千代市の県立八千代西高校(大迫太校長、339人)が、入学金未納の新入生2人を入学式に出席させなかったことが12日分かった。大迫校長は「授業料滞納が目立ち、未納は負担の先送りと思った」と話すが、県の公立高校教職員組合は「非教育的対応」と批判している。

 県教委と同高によると、新入生159人に、入学金、教材費など9万円を8日の入学式に持参するよう求めていた。男女各1人が「お金が用意できない」などと持参せず、式直前、校長がそれぞれの担任に別室での待機を指示した。2人は約40分の式の間、教室と会議室で待機した。

 男子生徒は式前に学校の指示で母親に「入学金を払わないと式に出られない」と電話で事情を説明。母親は「後で払う」と答えたが、学校側は「滞納の可能性がある」として出席させなかった。母親は午前11時ごろ、9万円を持参して学校を訪れたが、式は終わっていた。その後、生徒は校長室で氏名を読み上げられ、「入学を許可する」と伝えられた。

 女子生徒の母親は午後5時ごろ、2万円を学校に持参し、同様に入学を許可された。

 大迫校長は「入学式当日に必要なお金は3月の説明会で伝えている。経済的問題があれば相談するよう話した。苦渋の決断だったが、当然の判断だと思っている」と説明。県教委指導課の田山正人・主任指導主事は「保護者と生徒にはつらい思いをさせてしまった。事前に入学金についての十分な説明をしており、学校としてはやむを得ない判断だったと思う」と話している。

 教育評論家の尾木直樹・法政大教授(臨床教育学)は「極めて機械的、官僚的対応。学校側は2人だけではなく、生徒、保護者に謝罪すべきだ」と話している。【神足俊輔】

最近は義務教育で給食費未納の親は遊ぶお金があっても給食費は払わなくても良いと考えるこの時世で入学が受け入れられれば入学金踏み倒したかも?校長の行動は間違ってなく正当な理由での結果で責任は入学金払わない親にある。教育評論家、教育委員会←こいつらが胡散臭く教師の威厳を無くし行動を制限させてるんだ!

|

« 天鳳 | トップページ | 天鳳 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

学校側が事前に《経済的問題があれば相談するよう話した。》と言っている以上、
式前まで音沙汰無しだった親の責任ですね。
親の《後で払う》が、踏み倒す気だったのなら問題外ですが、
経済的に苦しい結果ゆえの発言だとしたら、尚更事前に相談するべきでしたね。

投稿: んま | 2008年4月14日 (月) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天鳳 | トップページ | 天鳳 »